ボーイズマッサージ

ボーイズマッサージはこの映像をご覧になるとイメージが湧くかもしれません
ちなみに映像はフィリピンのマッサージボーイのようですが、タイもほぼ同じです

ゴーゴーボーイ、マッサージボーイの相場

1.★★★男遊びにいくらかかるの?★★★

2.★★★ボーイ君明細書★★★

3.★★★男連れのディスコ、カラオケは意外に高くつく★★★

4.★★★男1回の費用で、どれくらいのホテルに泊まれるの?★★★

5.★★★男とホテル、どっちが大事?★★★

1.男遊びにいくらかかるの?

はじめにちょっと経済の話を・・・
工業製品が安いのに対してサービスが高い日本、 サービスは安いが工業製品の値段は高いタイ、と言えます
円安が進んでモノが高く感じられるタイですが、食事をしたり、男遊びをするのは ’日本に比べれば’あいかわらず安い、と在住の私たちも感じています
・旅の恥はかき捨て

・旅は思いっきり楽しもう
などという言葉通り、旅は一回きりのものであり、パーっと楽しむのが王道ですが、 こと夜遊びにかけては誘惑が多く、欲望に負けると、つい予想外の出費をしてしまうもので す!
そこで、きょうは冷静になって
パタヤーでの男遊びには、一体いくらかかるのか、いくら用意しておけばよいかを 検証してみたいと思います

2.ボーイ君明細書

ボーイ君を1回ホテルに連れ込むまでに どれだけの費用がかかっているか、計算したことがありますか?
簡単に内訳を考えてみましょう。但し、以下の条件を設定します
<条件> あなたは・・・
ジョムティエンビーチのホテルに泊まっているとします

・ボーイズタウンにすでにお気に入りのGOGOバーがあるものとします

・その店にお気に入りのボーイ君がいるとします

・その子と朝6時まで一緒に居たいと思っています

1) 入店時にドリンク代150B×2人分=300B (強制的に注文させられる、ひとりはボーイ 君の分)

2) OFF代金1晩=300B (ドアボーイ、ウェイター、ダンサーは400B)

3) 店までの往復交通費=20B (路線ソンテウに乗った場合)

4) ボーイ君へ帰りの交通費=100B (帰り際にチップと一緒に渡します)

5) ボーイ君へのチップ=1,500B (ダイレクトに言えばSEX代)

1)~5)の合計で2,220B(約8,400円=約70米ドル)かかっています!
※上記はお店1軒の最低費用です 店を何軒かはしごすれば飲料代が加算されていきます
1回の男遊びに最低2,220B(約8,400円=約70米ドル) これを2回繰り返せば4,440B(約16,800円=約140米ドル) これを3回繰り返せば6,660B(約25,200円=約210米ドル) 単純にかかります
そしてボーイ君に翌日も一緒にいてほしいならさらにチップです さらに食事をしたり買い物をしたりプレゼントを上げたりすれば 費用はさらに膨れます
さらにディスコに行く、カラオケに行く、映画をに行くなど 盛りだくさんのイベントをこなした場合、支出は青天井です

3.男連れのディスコ、カラオケは意外に高くつく

アンケートにご協力くださったお客様の回答を平均しますと 複数のボーイ君を同伴して入店した場合の追加支出(バーツ額)は 次の通りです
ディスコ1軒・・・最低1,500B~2,000Bカラオケ1軒・・・同じく最低1,500B~2,000Bボーイ君の数が増えると3,000B~になることも多いそうです
これに食事、プレゼント、小旅行 などがプラスされれば、支出は倍々ゲームで増えて行きます。 もう、計算できません・・・
あるお客様は、3泊4日の滞在で、男遊びだけで10万円(830米ドル)は使うと 言っていました。
これって 航空券+ホテル代よりも高いのではないでしょうか?

4.男1回の費用で、どれくらいのホテルに泊まれるの?

ちなみに、ひと晩男と遊ぶ最低費用を2,220B=70米ドルと見積もった場合 同額で泊まれるパタヤーのホテルを探してみると次のようになります (60~90ドルの範囲でホテルをピックアップしてみました)
ロングビーチガーデン:60~ マントラ・プラリゾート:61~ サイアム・ベイショアー:66~ サイアム・ベイビュー67~ ラビットリゾート:69~ オーシャンマリナーヨットクラブ:75~ ニルバナプレイス:80~ ロイヤルクリフ:81~ アイサワンリゾート&スパ:86~ ハードロック:87~
いずれもパタヤーでは中堅クラスの名の知れたホテルです レセプションもサービスもしっかりしています これらのホテルはパタヤーでは立派なホテルの部類です (さすがに【マリオット】や【シェラトン】などの5星には泊まれませんが)
上記の4星に楽チンに泊まれてしまうのです!!
どうですか?ホテルに比べて男遊びってとっても割高でしょ? タイの男遊びが安いと思えるのは、あくまでも日本との比較だったんですね・・・

5.男とホテル、どっちが大事?

それでも男遊びは止められない!
やっぱりゲイにとって、男は至上の悦び&最終目的地!!!
パタヤーに来て男を堪能しないなんて馬鹿じゃないの!!!
その気持ち、わかります!
それなら最後の手段は

”ホテルのランクを落とす”ことになのかもしれません

でも待ってください!! それって、削ってはいけない費用を削っているのではないでしょうか? また経済の話ですが・・・
「必要経費」と「浪費」は違います ホテルのランクを極端に落とすことは必要経費を削ぐこと、つまり
【ガソリンを入れないで車を走らせるようなもの】 【食事をしないで働くようなもの】だと私たちは思っています 衣食足りてないのに、男遊びしたところで
先が知れているというものです
航空券にも、ホテルにも、男にも、たっぷりお金をかけられるのは 本当のお金持ちだけでしょうが 宿と食事を節約してまでも男遊びに熱中するなら
それは性の求道者か修行僧です
日本で普段から真面目に働いているビジネスマンなら せっかくの旅では 安全で快適に過ごせる最低限の宿を確保するのは
妥当なことだと、私たちは思います
宿泊は「無駄使い」ではなく「必要経費」なのですから 良いホテルは深い満足とよき思い出への「近道」なのです 良いホテルは「投資」です! 宿泊場所は旅の基本、しっかりと足場を固めれば
ナイトライフも充実したものとなるでしょう きちんと休める場所、落ち着いて食事ができる場所 寛げる場所、楽しい仲間たち
それがあって旅も充実する、と思いますが・・・ あなたはどう思われますか?
あなたに真に価値ある旅を楽しんでいただきたいと 思って書きました

この記事はメルマガで紹介したものを転載しています

”関連記事”