ゲイビーチでは気兼ねなく素の自分をさらけ出し、夢心地 千葉県 MKさん

①今回のご予約前、何に悩んでいましたか?何をされたいと望んでいましたか?

タイに行ってみたいと思い、ここのホームページを見つけ、茶話会にまずは勇気を出して出席しました。
定年を目前にして、この機会に自分へのご褒美と思い申し込みました。

②何がきっかけでやしの木を知ることになりましたか?

タイヘ行きたいと思い、お世話してくれるツアーはないかと検索し、やしの木のHPにめぐり合いました。
③予約(購入)するまでに何か躊躇することがありましたか?それは何ですか?

海外旅行は何回も行っていますが、一人旅で空港券の手配からしたことに不安がありました。
また、パタヤでの過ごし方が上手くいくのかが不安でした。
④それはどのように解消されましたか?

まずは、やしの木さんという会社の理解だと思います。それには、茶話会に出席できて少し解消。
あとは、ひできさん、けんじさんのフォローが有って一歩踏み出せました。
⑤予約(購入)しようという決め手になったのは何でしたか?

茶話会に出席、ひできさんとけんじさんのフォロー。
⑥実際にサービスを受けてみてどうでしたか?

細かい部分までのフォロー体制で満足です。
⑦ その他今回の旅のご感想ご意見などございましたらお書きください。

アンケートには書けないすばらしい体験は別メールで報告させてもらいます。
パタヤでは、日本では体験できない事を体験できました。
⑧アイヤリーご利用のご感想、問題点、気がついた点あればお知らせいただければ助かります

対応に何ら問題はありませんでした。各スタッフも暖かい笑顔が印象的です。
強いて言えば、シャワーの水圧が弱くお湯の出が少なかったです。
⑨【ナイトライフの案内を受けられたお客様へ】
ナイトライフの案内を受けられていかがでしたか?良かった点、悪かった点、ご提案などお知らせいただければ助かります。

個人的には素晴らしい子と出会えて、年甲斐もなく切なく日本へ帰国しました。(笑)

⑩【ディナーのサービスを受けられたお客様へ】
ディナーのサービスを受けられていかがでしたか?良かった点、悪かった点、ご提案などお知らせいただければ助かります。

大変おいしかったです。特にあの店のグリーンカレーと名前は忘れましたが、葉に包まれた鶏肉巻き(ガイホウバイトゥーイ?)がおいしかったです。
⑪【ビーチの案内を受けられたお客様へ】
ビーチの案内を受けられていかがでしたか?良かった点、悪かった点、ご提案などお知らせいただければ助かります。

ゲイビーチでは気兼ねなく、人種や年齢に関係なく、素の自分をさらけ出し、皆さんが楽しんでいて夢心地でした。

⑫【アンケートに書けなかった感想】

今思うと、パタヤに行くまでは色々とドキドキでしたが、別世界の体験ができ勇気を出して行ってよかったです。

この年齢で三日もボーイを指名し苦笑されて居るかもしれませんですね。(笑)
特にG君との出会いは、お話しましたが、初恋をしたような感情を久しぶりに体験しました!
彼はボーイ君なのでお金のためと割り切っているのでしょうが、それは仕方ないことと理解しています。

が、彼から早速二通のメールが入っていました。内容は、翻訳しても分からない部分がありますが、

感謝の気持ちと画像が欲しいと言ってました。画像の事は昨日も言ってました。
あと一通は短文で会えなくて寂しいと「I miss you」と言ってきました。
彼との短い出会いでしたが、その中での彼の、気遣い、優しさ、謙虚さが感じ取られました。
日本語を勉強したいと本を買い、支払い時に私が、大きなバーツしか無い時には、自分でさっと出し、

私の着替えを手伝ったり、ショッピング時には腕を組み、道路では腰に手を回しエスコート。

多分彼本来の性格が優しいのだと思います。
数少ないですが、日本で買った売り専ボーイ、今回の他のボーイでもそんな子は居ませんでした。

これからメールのやり取りがどの位続くか分かりませんが、がんばってみます。
パタヤにも次にいつ行けるか分かりませんが、何かの機会、理由付けが出来れば行きたいと思ってます。

もし、「○○○○バー」に行く機会がありまして、G君に会う機会がありましたら、様子を教えて頂ければ
ありがたいです。
最後にひできさんと、けんじさんとの関係が羨ましく思えました。
いろいろとそちらでのビジネス、生活は大変だと思いますが、月並みですが、がんばってください。

長くなり申し訳ありません。ありがとうございました。

最近のやしの木評価はこちら

関連記事

最後に指輪を欲しいとねだってきました 兵庫県 Takeさん

こんばんは

お忙しくお疲れでしょうに、私なんかのために優しい励ましメールを頂き感謝の気持でいっぱいです。

ひできさんから頂いたメールを読ませていただき、少し冷静に考え直してみました

私はいろんな事に疲れていました
取りあえずの目標がパタヤでした

そこまで頑張れればトムに癒してもらえると
自分勝手な考えでした

トムが笑顔で手をつなぎ、毎日僕の腕枕で寝顔を見せてくれると
そんな自分勝手な願いと思いあがりでパタヤを訪れていたのだと

私は今回特に日本人的思考でパタヤに伺っていたような気がします
40年以上も生きているのに未熟で、まだまだダメ人間ですよね

トムはまだ20歳

私の半分も生きていないお子ちゃま
おまけにタイ人

考えようによりますと
以前と違いトムは私に気を許して、気を使わないで「素」の彼を見せてくれたのだと
(マネーボーイとしてはどうなのか?って思いますが 日本人的発想)

トムの体調がいまひとつの状態もあったのかもしれませんし
そんななかでトムは、ずっと側に居てくれたんですよね

あんなに大声で怒鳴りつけられて、モノを投げつけられても
トムは帰らないで居てくれたんですもんね
ひできさんが おっしゃるようにトムはトムなりに接してくれたのだと
私の疲れと未熟さが、今回の滞在を良くないものにしてしまったんだと・・・

なさけない自分がここにいます。
反省しないとダメですよね

トムの幸せを願う一人の人間として
今回最後にトムが指輪を欲しいとねだってきました

その時の事をお話したいと思います
トムが知っていた金製品の店が2軒もお休みで

必死になり考えるトム

友達にも電話で助けを求めるが、よくわからない様子

困り果てたトムは、バイタクの兄ちゃん達に助けを求め

サウスパタヤに店がある事を教えてもらい

いざバイタクでサウスパタヤへ向うときも1階なのか2階なのか迷い歩いた末に店を発見!
そこからのトムは、とても不思議な行動に・・・

(ここからは自分勝手な日本人的思考なのですが)

店に着いてトムは、なぜ知っているのか分からないのですが

自分の指のサイズを店の人に伝え商品を出してもらっていました

自分の指定したサイズの中から、一番気に入った指輪を私に見せて

これに決めたと、私もトムが気に入ったのなら、それでОKだと伝えました

トムは直ぐに指にはめないで、包んでくれるように伝えているようでした
私がお金を支払い、指輪がトムに手渡されると、それを”私”に手渡したトム
彼が選んだ指は左手の薬指でした

なぜトムが自分の薬指のサイズを知っていたのかは、ここでは考えないようにして

なぜトムが、その場で指輪をはめないで私に渡したのか?

皆さんの前で、トムの薬指に指輪を付けた時、私は涙をこらえていました

タイではどうなのか分かりませんが

私の知る限り左手の薬指に指輪をはめる事は・・・

今までの全ての事が消え去り、言葉に出来ない幸せ感が

(自分勝手な想像の域を出ませんですが・・・)

私はトムを心から愛しています

私はトムが大好きです

自分自身よりも、彼が大切です

私はバカなオヤジだと思っています

ひできさん 本当にありがとうございます

日本に帰り、何んとも言えない脱力感のようなものに支配されていますが

ひできさんに頂いた、大切なアドバイスとお言葉を胸に

私が乗り越えなければならないハードルを

まっすぐに見据えているところです。

こんなへヘコタレている私を見捨てないで励ましてくださる

ひできさんの心の大きさに感謝いたします。

ひできさんに感謝以外の言葉は、私には思い浮かびません

いつも本当にありがとうございます。

ひできさん、けんじさん

無理をなさらないようになさってくださいね

お願い致します。

最近のやしの木評価はこちら

関連記事

大阪府 Uさん

ひできさん、ケンジさん

こんばんは。ご連絡が遅くなりました。
お2人ともGWの最繁期を乗り切られ、ホッとされてるところでしょうね。

今回はH島以外ではあまりお二人と話す時間がありませんでしたが、早朝の空港出迎え~バンセンのホテルへの送迎もきっちりしていただけましたし、別途追加のバンセン~パタヤも何の問題もなく送り届けていただきました。
帰国時もバンセン経由で送っていただく等いきなりのオーダーにもフレキシブルな対応に感謝しています。

久々のアイヤリーも皆、素敵な笑顔で迎えてくれ、久し振りに我が家に戻ったような気がしました。

ぜひ次回は、お二人の時間に余裕のあるときにまた海辺で食事でもしながらいろいろ話したいなと思います。

さて今回は短い滞在期間でしたが、とても充実できたなと思っています。
まず一番の目的だったYと一緒に過ごすことは、バンセン、パタヤで叶えられました。

二人で一緒にマッサージへ行ったり、食事をしたり、セントラルをウロウロしたり、ゲームをしたり、映画を観たり・・・

言葉はタイ語と英語でも言いたいことの半分ぐらいしか通じてないんですが、それでもなにか一緒にいてストレスを感じない当たり前のように傍にいる心地良さを感じました。

時間が短かったから良いところだけ感じ取ったのかもしれませんけども。帰ってきて、あらためてまた彼に会いたいなあ、と思い返す毎日です。

バンセンではもっと彼の日常に近づきたかったのですが、時間があまりなくて残念でした。

当初は昼間に一人で自転車でも借りてウロウロしよう、なんて思ってましたが、あのハンパ無い暑さにめげてしまいました。うっかり昼寝をしすぎて、気付いたら名物の夕陽も見ず終いでした。
もう一泊すればもう少し余裕を持てたでしょうね。これからも時々、Yの学業の邪魔にならない程度に訪れたいな、と思ってます。

The Tide Resortについては、田舎町のホテルにしてはキレイでスタッフもしっかりしてるな、と感じました。

室内もホテル内もプールも小奇麗で、さすが不満はありませんでした。ただそれゆえか、レセプションのスタッフは無愛想というか事務的な感じで、タイ人らしい人懐っこい笑顔がないのは残念でしたね。

H島は本当に満足でした。きれいな海で久し振りに泳げたことも楽しかったですし、美味しい昼食を食べて気のいい皆さんとのんびりした時間を過ごせたことは日本の日常を忘れるにはもってこいでした。あの昼食は本当に最高のご馳走でしたよ。

でも散歩や山登り、水泳と一日みっちり遊んだあと、休む間もなく夜遊びに突入したので、恒例のディスコでは眠くてまるで元気がなくなってしまいました。(笑)
もう少し余裕ある日程でまた行きたいですね。

今回も短期だったので、毎日毎日なにかバタバタしてしまい、タイで本来やりたい

「のーんびりすること」

をまたもや宿題にしてしまいました。

可能ならば、できるだけ早くこの宿題をやり遂げるべく再訪したいと思います。
その折はまたよろしくお願いします。

p・s
セントラルの6階海側にあるアイスクリーム屋にYと2回行ったのですが、
そこのウエイターの子がかわいかったです。

I君をもう少し子どもっぽく純粋そうにした感じの子です。
一度ご覧に行かれてください。

最近のやしの木評価はこちら

神奈川県 Yさん

今回の旅はとても充実していました。

シルバーレイクとワイナリーはパタヤ―とは思えない一面が見れて良かったです。

H島はとてもきれいで、ローカルな感じが最高でした。あと、皆さんと行動できたことが楽しかったです。

ナイトライフの方もB君と出会い、最初オフした時は普通かなと思いましたが、

二回目の時は向こうがフレンドリーな感じで接してきたので、最終日に行ったTiger Zooは楽しかったです。

お二人のお陰で、楽しい旅になりました。ありがとうございます(*^。^*)

P.S. Tiger Zooの写真を送らせていただきます。

最近のやしの木評価はこちら

千葉県 Nさん

ひできさん けんじさん

今回も本当にお世話になりました。
無事、帰宅しました。

あっという間の5泊6日でした。
今回は、「タイ語を勉強してよかったなぁ」&「もっともっと勉強しないとなぁ」と、楽しくかつ次回以降の訪タイのためにいろいろ考えさせられる旅行でした。

★楽しかったこと★

①C君とずっと一緒にすごせた!
やっぱりこれに尽きます。彼にとってはつまらない時間が多かったと思いますが、タイ人にしては(?)よく付き合ってくれました。私がタイ語をほんの少し理解するようになった為か、私との関係が前回とは異なり、彼の素顔を見ることができてうれしかったです。
何度か異様にはしゃぐ姿が見れたことが印象深いです。

**ちょっとわかった素顔のC君**
・(タイ人同士だと)かなりおしゃべり
面倒くさいくらいおしゃれ好き
お客さんから友達(?)になったためか、時間にルーズになった(←つまり、タイ人らしくなった)。私の位置づけが上がったのか下がったのか不明です・・・。下がった気がしてならないですが、とりあえず気安い仲になったことは確かみたいです。
・かなり身勝手(タイ人らしい(?))
結構親切(?)だけどちょっと押し付けがましい
ボーリング、映画、お寺参りなどいろいろ連れて行ってもらいました。きっと私を楽しませようとしてくれたんでしょうけど、だったらもっと笑ってほしかったなぁ。私としては自分にとってのイベントが欲しいんではなくて、C君の笑顔が見たかったのですが(だからこそ、はしゃぐC君を見れたことがとってもうれしかったです)、これはわかんない感覚なんでしょうね。

一番よくわからなかったのは、なぜかスンニーのGOGOに連れて行ってくれたことです。まぁ場所が場所なので、パンツの中のものをこれでもかって位みせてくれるGOGOだったりしたわけですが、私が楽しむと思ったのでしょうね。後で「楽しかった?」と聞くんで、「C君と一緒じゃあんまり楽しくないよ」と答えると嫌な顔をしてました。

「BOYと遊びたいんじゃなくてC君と一緒にいることが楽しいんだよ」と続けるとうれしそうでしたが、私としてはよくわからない気遣いです。「仮に他のBOYをOFFしたら君はどうするの?」と聞くと、「そのときは家に帰る」と事も無げに言ってましたが、これまたよくわからない感覚です。

はじめからちょっとしたものはホテルに持ち込んでいましたが、28日夜に服やら何やらいっぱい持ってきたなとおもったら29日は家に帰らないつもりだったみたいです。これはとってもうれしいことでした。

29日は喧嘩(どっちがお客だかわからない状態が続いていたので・・・)をしましたが、「Nがそうして欲しいなら家に帰る」としょんぼりして片付けを始めた時の顔、すぐに仲直りをして

(「今日のC君はちっとも親切じゃないし、いい子でもない!気分が悪いよ。僕はタイ語が話すのも聞くのもうまくないんだよ。C君に帰って欲しいわけじゃない。君が大好きで一緒にいたいんだよ。何度も言ってるじゃん。親切ないい子でいてよ」との言葉に「ごめんね」とキスしてくれました)

そのとき見せてくれた微笑み(タイ人は微笑みを幾通りかに使い分けるそうですが、このときの彼の微笑みがどういう意味をもったものなのかはわかりません)が忘れられません。

「今度はウドンタニ(彼の故郷)に一緒に行こうよ」と言ってくれたこともうれしかったです。「Nはタイ語が上手だから、ポー・メー(彼の両親)とお話できるよ」だそうです。異様にテンションの高いときの言葉なので、意図はよくわかりませんが・・・。

両親の話はさておき、最終日お二人がいらっしゃる間際に「ウドンタニに一緒に行こうって言ったけど、今度僕がタイに来たとき本当に一緒に行きたい?」と聞いたらうれしそうに「うん」と答えてくれました(ひできさん、気を悪くなさらないでくださいね)。とりあえず、彼にとっていいお客(人?)ではあるようです。

また、「この部屋からの眺めがすきなんだ。日本に帰ったらここからの眺めとC君のことをきっと思い出すよ」と話したら、彼はバルコニーへ出て行き「素敵な眺めだね」と言ってくれました(なんて可愛い子なんだっ!)。

のろけ話ばっかりでごめんなさい。お二人はあきれるかもしれませんが、敢えて
「C君!世界で一番愛してるよ~ん!!」
彼には何度も言いましたが・・・

②タイ語がちょっとだけできるようになって、さらに楽しくなった!
ビーチでタイ人とちょっとした会話ができて楽しかったです。ちょっとタイ語ができると、上手上手と皆親切に相手してくれますね(向こうは商売ってこともありますけど)。
「Nはタイ語が上手なんだよ!」とタイ人相手にC君がマシンガントークをはじめるのが面白かったです。「ねぇ、N、聞いてる?」といってましたがわかるわけがない!!(わからないのをいいことに「こいつめ、何やら言ってるな」って時もありましたが・・・)もっともっと勉強しよう。

③お二人が企画してくださったイベント etc.
・ケンジさんが作ってくださった○○○とってもおいしかったです(また食べたい!)。
サタヒップビーチのピクニック、とっても楽しかったです。HさんとO君のカップルに出会えたこと、Sさんと再度お会いでき、お話できたこと&タイ語学習のアドバイスをいただけたこと、素敵な思い出です。
お二人とのディナー、気持ちの良い会話とタイオムレツがおいしかったこと、C君がはしゃいでいたことが思い出されます。

シルバーレイクでは、山頂寺院からのパタヤ一望が素敵でした。象にも乗れたし。(シルバーレイク自体はこんなものねという印象です。水上マーケットはいかにも観光のためにつくりましたって感じですが、雰囲気を楽しめました。)
長々と書きましたが、わがままだらけの旅行をアレンジしてくださり、本当にありがとうございます。もうおなかいっぱいって位に楽しかったです。

ひできさん、けんじさん、本当にたくさんの「ありがとう」
Sさん、Hさん・O君、「ありがとう」
○○さん(女性のお客様。ごめんなさい、お名前聞きましたっけ?)「ありがとう」
C君、前回に続いてたくさんの時間、サヌック&サバーイを本当に「ありがとう」

次回C君と会えるかどうか、また、会いたいと思うかどうかはわかりません。ひできさんがおっしゃるように、長く一緒にいればいるだけいろんなことが見えてきますし。彼のことをもっとよく知りたいしもっと仲良くなりたいですが、そんな彼に対してお金を払う気になるかどうかはいまのところ良くわかりません(あげたくてあげたので全く問題ないのですが、今回ちょっとあげすぎかな)。

だからといって、上で書いたように「愛してるよ!」は変わりませんし、今回彼との時間が楽しくなかったわけでは絶対にありませんが、もし会うならタイ語がもっとましにできるようになってからにしたいなぁ。

また、会う(会える)となった場合、本当にウドンタニに一緒に行くかどうかもこれまたわかりません(第一、彼と電話で相談できるレベルに私のタイ語が上達するのか、?×100です)。

いずれにせよ、またパタヤでお世話になりに行きます(←これは絶対確実)。

最後に
お二人に!おせわになった皆さんに!C君に!
「コー・ハイ・ミー・クワーム・スック!」

最近のやしの木評価はこちら